竹野留里ちゃん応援 ~未来への扉~
  • 民謡日本一の医大女子
  • 民謡で培われた華麗なる世界へ

オロロンサマーフェスタ(2019年8月11日)Ororon Summer Festa(11 Aug, 2019)

二つの時が織り成す音楽祭!!

オロロンサマーフェスタ

北海道留萌市の「留萌港南岸壁特設会場」で開催された、「オロロンサマーフェスタ」に出演しました。
昨年に引き続いて留里ちゃんの歌謡ショーを楽しみに来られた方々、歌謡ショーと花火大会を楽しみに来られた方々など、たくさんの方々がお祭りの雰囲気を味わいながらステージを見つめる中、行われました。


オロロンサマーフェスタ
オロロンサマーフェスタ

夏祭りを彩る浴衣姿の留里ちゃんは、初めにU-18カラオケ大会の審査員として登場され、真剣な眼差しで参加者の方々の歌唱を審査し、歌唱後のコメントでの司会者の方との掛け合いは名物にもなってきました。

歌唱ショーではお腹の底から振り絞られる声量ある麗しい歌声を披露され、暑い夏空を突き抜けるような、その存在感のある華美な歌声に心と身体を委ねると、胸の中で「熱き鼓動」が高鳴るのを感じていました。

昼と夜では「趣の異なる魅力」を放たれて魅了され、最後は観客の方々と一緒に盛り上がって終演となり、留里ちゃんが「歌に込めた想い」は、海風に乗って流れるように、留萌港に響き渡り、駆け巡りました。

昼は「浴衣」、夜は「着物」を纏った留里ちゃんは、「水の滴るような美しさ」があり、明日に向かっていく力をくれる、いつも変わらない「瑞々しい歌声」に感動するとともに、「陽気な笑顔」に癒されました。

最後には道北最大級の花火大会があり、留里ちゃんは鳴り響く音楽に合わせて打ち上げられる、色とりどりの鮮やかな花火が開いては余韻を残して消えていく留萌の夜空を、ステージ上でじっと見つめていました。

今年は最終電車で札幌に戻るため、花火は冒頭の一部分のみの観賞となり、花火を楽しんでいる留里ちゃんの姿を微笑ましく思いながら、途中でしたが、留里ちゃんに声を掛けさせて頂いて、駅へと向かいました。

駅へと歩を進めながら、日が沈み暗くなった街から花火が煌く夜空を、懐かしい想いで見つめるひととき、そこには、留里ちゃんの明るい「笑顔の花」が咲いているかのように、優しく綺麗な夜空がありました!!

~ 微笑みは煌く夜空の中により ~

【開催地】北海道留萌市 留萌港南岸壁特設会場

Made by Galleria.

【写真撮影】はちみつボーイ 様

ページトップへ戻る